Blog

2013年6月21日 7:51 Category:レポート

2013-2014 New Model !!!!!

今週末はいよいよ早期受注会!!

そこに向けて、僕が使用しているマテリアルをちょこっとご紹介いたしますね。

まず…

「ATOMIC」

まずオススメはやっぱり「BLUESTER DEMO AX」「BLUESTER DEMO SX」ですね!!

D2の効果により振動吸収性が抜群にいいですね!!

それによって足元の安定感があるのでポジションも作りやすい。
バタバタせずにス~と抜けてくれる感じかな?

ロッカーの効果でターン始動もスムーズ!!

プライズテストの整地、不整地、コブなど、どのシュチュエーションにも、

オールラウンドに対応してくれる1台。

完璧です!!

このModelに今年はもう少しソフトで軽量のModel「AC、SC」が登場しました。

スキーの芯材に「カルバウッドコア」と呼ばれる軽量で弾性の高いものを使用。

補強材にもグラスファイバーを使用し、本当にしなやかなスキーに仕上がっています。

履くと軽量なので最初は物足りない感じがするかもしれませんが、滑り始めるとD2の効果で挙動は安定し、

ターンし始めると軽さを活かして操作しやすく、撓みが感じられる1台。

これも今年のお勧めですね!!

そして、モールドを一新したブーツ。

基本性能、ラスト幅などは一緒ですがロアシェルの厚みを大幅に変更。

抜群のフィット感を約束してくれます。

そしてブーツ業界では、近年のスキー技術に合わせてロアシェルを固くして、ブーツの広がりを抑え

パワーロスを少なくしているものが多い、そうすると足首の動きも妨げられ思うようにポジションをとれなくなります。

このブーツは背面から包み込むようにカーボン素材を組み合わせれ、素材を柔軟なままブーツの広がりを抑えることが出来ます。

非常に足首も使いやすく、パワーロスも少ないブーツ。

これもまた、「最高」ですね!!

 

こんな感じでまずはスキー、ブーツをご紹介いたしました。

詳しい事は、この土日にお店に遊びに来て下さいね!!

 

今回ブーツに使用した写真は、WC2年連続総合優勝した「マルセル・ヒルシャー」のスペアブーツ。

細かい所に沢山の秘密が隠されていましたね。

ちなみに下の写真は今年の世界選手権で優勝した時のとWC最終戦で履いた実際のスキーです。

昨日のセミナーでは、Austria本社からマルセルのサービスマンや選手のブーツ担当者などが来ており。

開発のコンセプトや特徴など世界の最先端の技術や現場でのやり取りなども聞けました。

男女共に世界王者が居る「ATOMIC」流石です。

 

 

 

コメントを残す