Blog

2008年6月16日 8:16 Category:ski

第1回 インラインスキー講習会 終了!!

露時期なので天気が心配されましたが
晴天の中 無事終了しました。
今回は少し柔らかめに出発しました。
昨日参加された方は いかにポジション取りが難しいか
解ったと思います。
動いているスキーの上に乗っていく感じをこの夏マスターしたいですね!!
初めての人もいましたが結構滑れました!!
次回も頑張りましょう
お疲れ様でした。  

“第1回 インラインスキー講習会 終了!!” への3件のフィードバック

  1. みなっち より:

    ポジションの重要性は理解した。
    ゴメンね、チーム口答えで。
    低速で、いっくら確認しても、高速、急斜面で
    実践できないんだ。
    高速&急斜面は、滑り込んで対応力を身に付ける。
    そんな練習もあり?
    確かに運動の正確性は大事なんだけど、
    運動の正確さと、斜度やスピードにあわせたポジションやタイミングって言うのは、また別モンだよね。
    どっちに比重を置くのかは、分かり辛れ!
    昨日は、ガストで昼飯、食ったよ!
    ライスおかわりできないのが、異様に物足りなかった。
    やっぱ、”どん”だね。

  2. yuzuru より:

    みなっち #- さん
    うーん難しい問題です。
    まず僕が考えるのは「なんで出来ないか?」です
    緩斜面では出来る スピードが上がると出来ない
    なんで?
    体が解ってないと思うんです
    スピードが上がると色々考えていられない 結局自分の滑りしか出来ないんです。
    ていう事は体が覚えてない
    男リーみたいな急斜面は別です 
    でも普段滑っている第3ゲレンデやトレバン位
    の斜面には皆さん斜度やスピードにも慣れているはず そこで出来ていないのが現状です。
    そう考えると「一番気持ち良いスピード」
    「一番動けるスピード」域で、間違ってしまっている事になります。
    出来ない原因レベル
    1、運動を理解していない
    2、理解しているけどやろうとしていない
    3、理解してやっているけど出来ない
    4、理解してるし出来る
    1,2でつまずいているひとが多い!!
    勘違いしていたりとかね。
    僕が見ている中で3まで行っている人はクラウン合格してるか おしいところまでいってます。
    理解した事を体にしっかり染み付ける作業が必要だと思います。 
    低速で何回も繰り返す 何も考えなくても出来るように 中速域に行ったとき出来ない人は 低速でも正確に出来ていない ある程度スピードがあったほうが動きやすいからね!!
    長々と書いちゃいましたけど どの斜面でもスピードでも、もっと強く意識する事が必要です。
    やる事は解っているはずですよ!!
    頑張れ!! 

  3. みなっち より:

    いつになく、熱いコメント、サンキュー。
    理想の最終形は理解しているつもりだが、
    やろうとしてるができていない。
    でも、もらってるコメントを鑑みると、
    俺は2、だな。。。
    頭は理解しているつもり。
    身体は(身体能力的に)理解してない。
    今週末も、理解が深まるように、
    ちょっと、自主練してみるよ。
    わかんなかったら、また聞くね。
    よろしく!

コメントを残す