Blog

2008年11月17日 8:40 Category:ski

故障!!

本選での前走は非常に勉強になった。
設定バーンも非常に難しいものだったし 何よりそのバーンで練習が出来た事が良かった。
大きな収穫を得てシーズン終了。
次のシーズン 予選は志賀高原のジャイアント
しっかり練習も出来たし 調子は悪くなかった。
大会前日の朝起きたとき、腰に違和感が…
朝食時には歩く事も辛くなってきた 
棄権も考えたが この日の為の1年間を無駄にしたくなく出場。
まったくいいところもなく またあと1歩のところで予選で姿を消す事になった。
この頃から滑りへの考え方が変わってきた もっと効率よく 形にこだわらず滑る組み立てを
考えていた この春はそこに重点を置き練習した。
そして次のシーズン 1番最初のアトミック合宿で非常に良いフィーリングが得られた
コーチの言っている意味が理解できるようになったし 少しずつフィーリングが変わってきた。
苗場での甲信越予選。
初めて本選の切符を手に入れることが出来た。
こんな事をブログに書いたきっかけは、「何でこんな練習をしているのか」「何でこんな時期に滑るのか」「なんでこんな事を言っているのか」というような事を少し理解してほしかった。
スタートはこれを見ているみんなとそれ程かわらないということ。
みんな初めから上手くないし 何でも出来るわけではない 
全てが上手くいく訳ではない
でも「諦めず」「妥協せず」やる事が大事です。
まだまだ皆さんには色んな可能性があると思う 色んな意味でね!!
でも 諦めている人が多い!! ゴールはそれぞれだけど 必ず達成できるところがあるはずです。
しかも、その壁は高い方が絶対面白い!!
自分の経験を生かして そんな事を手助けできれば幸いです。
おーし 一緒に登ってみますか?
“最高〟 “挑戦〟
ATF SNOW LABEL 松田譲

you1109atm@aol.com
 
 

コメントを残す