Blog

2006年9月22日 8:33 Category:ski

ターン前半〜フォールラインに絡むところ

今日はターン前半 ターン中盤 部分の意識です。
昨日の切り替えのあと スキーに対して垂直にポジションをとりながら
スキーがフォールラインに向かうまでの谷回りをしていきます。
IMG_0180.jpg

そこで意識していくところは 深い内傾角を作っていくことと 
スキーがトレースするラインを斜め下方向に意識する事。
真横ではないですよ!!
そこからスキーがフォールラインに向かう所で 腰を内側に沈めていく
 これが意外と大事!! そうする事により体が弓なりにしなっていきます。 
IMG_0181.jpg

それによって 外スキーにしっかり圧がかかり スキーのしなりが引き出せます。
その外スキーをベースに体の傾きを戻しながら切り替えにまたむかっていきます。 
ターン前半のポジションのまま フォールラインを迎えてしまうと
スキーをたわませられないし はじめからこのポジションを作って
しまうと スキーがすぐ回ってきて 谷回りが作れなくなってしまいます。 ここもタイミングと動き続ける事が大事になります。
それと腰の向きにも注目!!
フォールラインに向かう時に腰が回りすぎてしまうと 下方向に落ちていけません 腰を内側に沈めていくときは 腰の回転は止めておかなければなりません。 うーん 難しい!!
普段 何気なくやってることも文章にすると難しい!!
こんなに俺 考えてたっけ!? 
少しでも参考になればかと思います。 
イメージ大切にしてくださいね!!
じゃね

“ターン前半〜フォールラインに絡むところ” への2件のフィードバック

  1. ビッパァ

    壺使っても見れないのはなぜ??

  2. くろくま より:

    なんとなくイメージできたので、これからコソ練に行って来ます。

コメントを残す