Blog

2007年6月9日 7:55 Category:ski

オフの意識改革1 

今シーズン、月山の時も思ったのですが 
形にとらわれて過ぎてスキーの走りが意識できない人が多いと感じています。
特に今回は、スキーの前後の動きに関して考えたいと思います。
今、皆さんが使っているスキー。 
170cm前後のスキーを前から後ろまで意識できていますか?
当然スキーは落下運動なので、勝手にスピードが出てしまいます。
落下しながらターンを左右に繰り返していくわけですが
どこか一点に力が集中してしまうとスムーズにスキーが動いてくれず、動きが止まってしまいます。
トップからテール(踵)まで一連の流れで力をかけてあげなければなりません。 踵使えてますか?
僕の考えの中ではテール(踵)が使えないとトップを使う意味が無い!!!(偉そうに)
そこで今日は近くの公園に行きましょう!!
ブランコに立って乗ります。
少し助走をつけて 一番後ろに上がった時がターンの前半。
そこから一気に体(重心)を前・下方向に落とし込んでいきます(こわ) ブランコが勢い良く下に落ちて行き一番下がった所がターンマキシマムです。ここで動きを止めないようにその勢いを前方向に抜いていきます。体を後ろにしながら 足を前に出していく!!
「ビヨーン!!」と抜群の走りを堪能してください。
この一連の流れをスムーズにタイミングよく!!
タイミングが合わないと うまく「ビヨーン!!」にならない
そこが大事!!
是非試してみてくださいね。
 

コメントを残す