Blog

2007年7月20日 8:26 Category:ski

また最近きずいた事(重心移動)

インライン講習会などを見ていて ふと最近きずいた事があります。
「ポジション」ってうるさく言ってきているせいか すごくスキーに乗っている位置は皆さんすごく良くなっているんだけど 直滑降や斜滑降などはすごくいいんだけど ターンをすると崩れる がたがたがた
ターンポジションが次からの課題になっていくと思います。
公園で滑っている人全般的に腰が外れている。
これはターンをしようとすると角付けをしなきゃならないんだけど
そこに対して腰がしっかり乗っていかない。
直滑降のときはスキーの面に対してまっすぐポジションを取るのに
ターン中は角に(エッジ)に乗ってしまう 特にターン前半。
角付けしたスキーにしっかりポジションを取っていけば 自然と傾きが出てくるはずです。
  IMG_0198.jpg

ターン前半の小さな傾きですね!!(どっかできいたような)
写真を見ると、両膝に(両スキー)に対して腰・上体がしっかり乗っているのがわかりますか?
これが僕が考えるターンポジションです。
ただこのポジションを取るためにには ここに積極的に重心を移動していかなきゃならないのです。(ここがややこしい)
この動きをまずはイメージしておいて下さい。
次のインラインは このターンポジションをやっていきますよ!!

コメントを残す