Sponsors

私の活動をサポートしてくださるスポンサーを紹介します

※上記ロゴをクリックするとメーカーページにリンクします

About ROLLERBLADE

マイナーだったインラインスケートに転機が訪れたのは1980年のこと。ミネソタに住むアイスホッケープレーヤーの兄弟が、町のスポーツ用品店で、インラインスケートを偶然発見したのが発端です。シーズンオフのトレーニングツールにぴったりだと思ったふたりは、このツールを改良し、普及させようと考えます。

ミネアポリスの自宅でスケートをリファインしたふたりは、1980年、ローラーブレード社を設立、改良したインラインスケートを”ローラーブレード”として商品化します。そして彼らは、ホッケー選手のトレーニングコーチとなって本格的に”ローラーブレード”に携わるようになります。

努力の甲斐あって、80年代前半には、インラインスケートはトレーニングツールとして認知度はあがりましたが、一般にはまだインラインスケートの名は馴染みが薄いモノでした。そこで、彼らは”ローラーブレード”をスポーツとして認知させようとマーケティング活動を始めます。マイアミビーチ、ミネアポリス、ミネソタなどをまわり、地道な販促活動を続けました。

結果、80年代中頃~後半になると少しずつではありますが、スポーツ用品の小売業者から取引の依頼が増え、80年代が終わる頃にはトレーニングツールとしてではなく、新たなスポーツギアとしての人気が高まっていきます。

そして90年代になると”ローラーブレード”はアメリカ以外でも普及していきます。中でも大きかったのは、1991年、当時ベネトングループの一員だったノルディカと提携したことでしょう。それによって、ローラーブレードの名は一躍世界に広まります。

地道な活動を続けたこと。そしてポリウレタンブーツとウィールの使用、金属フレーム、二重ベアリングとヒールブレーキなど、さまざまな革新的なテクノロジーを開発したこと。”ローラーブレード”は懸命な活動によって、インラインスケートをあらゆる年齢の人々に楽しめるスポーツとして世界中に広まりました。今後ももちろん、”ローラーブレード”はインラインスケートの代名詞として、誰でもが楽しめるスポーツとしての活動を続けていきます。

related posts 関連する記事を御覧いただけます