Blog

2008年11月19日 9:06 Category:日常

心よりご冥福をお祈りいたします

先日、利根商スキー部時代の恩師 青木卓太先生がお亡くなりになりました。
月曜日 同級生からの電話
あまりにも急な話でだったし、満49歳とあまりにも早いお別れでした。
先生は、一言で言うと非常に「熱い」」方だった
利根商のOBでその後、法政大学に進み ダウンヒルの選手で非常にスピードに強い選手だったと
聞いています。
僕がスキー部に入った時に総監督に就任し とても熱心に指導をしてくれました
本当に「熱い」人だった。
その反面 当時珍しく計算が緻密で トレーニング理論の授業をしたり
と理論的な一面もあった。
この事は今でもメニューの組み立てやトレーニング方法に役立っている。
いわゆる「利根商流」の練習を今でも僕は実践している。
感覚だけでも駄目だし 理論だけでも駄目。 
今の僕のレッスンや 練習方法は 先生の存在無しではありえないものだ。
昨日 急遽 お通夜に行ってきた 
スキー部の先輩達 後輩達と最後に先生のお顔を見せてもらった。
当時と変わらずさわやかな顔をしていた 思わず涙が出た。
落ちこぼれだった自分を最後まで面倒を見てくれた
3年のインターハイ予選2本目の滑りを褒めてくれた事は今でも忘れられない。
青木先生、本当にありがとうございました。 
 

コメントを残す